薬剤師が再就職するときのポイント

薬剤師再就職のポイント

薬剤師が転職や再就職をする場合には、失敗しないためにも注意しておきたいポイントがあります。
一番大切なのは、なぜ職場を変わるのか、目的や条件を明確にする事です。
転職をしたいと思うのにはいろいろな理由があります。
スキルアップ、給料アップ、家事と仕事の両立など、人それぞれ異なります。

それに、一旦職場を離れて再就職を希望する場合にも、引っ越しや子供の成長などの生活環境の変化だったり、その目的や理由はいろいろです。
目的を明確にしておかないと、職場の条件や内容に妥協してしまう場合が多く、納得できる職場を探す事に失敗してしまいます。

目的や理由を明確にする事で、ポイントを押さえて希望に合った職場を探す事ができます。
そして、薬剤師の仕事は職場によって全く違います。
病院勤務であれば、患者さんとコミュニケーションを取る必要はなく、調剤に専念する事ができます。

しかし、ドラッグストアや調剤薬局チェーンでは、お客様の対応や商品の陳列など、調剤以外の仕事も必要になってくる場合があります。
薬剤師は不足している傾向にありますから、多くの求人が出ています。
その中で、納得できる職場を探す為には、転職する際のポイントをしっかりと押さえておく必要があります。

参考:薬剤師 再就職

薬剤師は中高年でも再就職できる!

資格にも色々とありますが、やはり高待遇で働ける資格が良いと思います。
この不景気ですから、特に転職・復職・再就職時には有利と言えるでしょう。
例えば薬剤師です。

実は友達が資格を持っていまして、主婦業と子育ての合間に薬局でパートをしています。
もう中高年だし、ブランクありだったのですが、何気に時給を聞いて驚いてしまいました。
何と2000円を超える好条件だったのです。

大学で勉強して国家試験に受かる必要のある資格ですから当然とも言えるのですが、それにしてもパートと聞いて私がイメージする時給を超越していたのは事実です。
仕事や医薬品についても話を聞きました。
初めて知ったのですが、市販の医薬品には等級があるそうで、第一類と呼ばれる効能の強い医薬品は薬剤師しか販売することが出来ないとのことです。

さらに販売の際には簡単な聞き取りも義務付けられているそうです。
まさに医薬品のスペシャリストというべき存在であることが分かりました。
医薬品には常に副作用と背中合わせですから、その責任も重大です。

時給が高くて当然だなと思うようになりました。
いずれにしても、医薬品を利用する立場の我々からしても、薬剤師は心強い存在です。
友達によると、医薬品はもちろん健康全般に関して分からないことがあれば、気軽に相談して欲しいとのことです。

薬剤師は出産後でも再就職できる!

この資格、やっぱり稼げます。
特に出産後、育児休暇から復職・復帰・再就職した後、働き方が難しい女性にとって、薬剤師はとても良い条件で働ける資格です。

週3回、短時間でも一般事務の派遣社員と同じくらいの月給がもらえます。
また、しばらく仕事を休んでいても、復職・復帰・再就職したら普通に同じ時給で働けます。
資格を取るのにが薬学部に6年通わなければならないのがネックです。
学費がかなりかかります。

そのため、医師の子どもや薬局の子どもがなるのが結構多いケースのようです。
普通の人でもお金さえ出せばなれますし、国立や、産業医大など、条件付きでは学費が安くなったり学費免除になるようなケースもあります。

そのようにうまく節約して資格者になることもできるのです。
とはいえ、入学するための勉強もそれなりに大変で、医歯薬理工系の予備校などに通って入るケースもまれではありません。

その代り薬剤師になると将来安泰ですから、いいですよね。
今までよりも不利になった、稼げなくなったとは言われています。

それでも他の職種はもっと厳しくなっている時代ですので、薬剤師になる選択肢は捨てたもんじゃないです。
漢方薬局などは経営が厳しく勉強も大変なので病院の隣などに店を設けて営むのが一番と言えます。